行動計画

社員が仕事と子育てを両立させることができ、社員全員が働きやすい環境を作ることによって、すべての社員がその能力を十分に発揮できるようにするため、次のように行動計画を策定する。
1. 計画期間 平成27年4月1日~平成32年3月31日までの5年間
2. 内容
目標1:男性の子育て目的の休暇の取得促進を図る。
 <対策>
 ●平成27年5月~ 労働者の具体的なニーズの調査、制度の詳細に関する検討開始
 ●平成27年6月~ 男性も育児休業を取得できることを周知するため、管理職を対象とした研修の実施
 ●平成27年9月~ 育児休業の取得希望者を対象とした講習会の実施
目標2:小学校入学までの子を持つ労働者が、希望する場合に利用できる短縮時間勤務制度を導入する。
 <対策>
 ●平成27年5月~ 労働者の具体的なニーズの調査、制度の詳細に関する検討開始
 ●平成27年9月~ 管理職研修を実施し、短時間勤務制度の周知と啓発を行う

仕事と家庭の両立応援宣言書

  • 子供を持つ従業員の学校行事やPTA活動への積極的な参加を推奨します
  • 家族の病気など、急な休みの時は他の職員でサポートします
  • 子供の看護休暇・家族の介護休暇などの制度の周知・取得に努めます
  • 小学校就学前の子供がいる従業員には、希望により勤務時間を短縮することができるようにします
  • 子供がいる従業員を対象に、始業・終業時刻の繰り上げ・繰り下げを行います
  • 病気休暇取得者が円滑に職場復帰できるように環境を整備します
  • 出産や育児のために退職した社員の再雇用に積極的に取り組みます